サイト内検索
クリックで各カテゴリーへ


製作者様サイトへのリンク

  • 綿水雲 -わたもずく-:
    mimizk さん
    (ゲームと投稿ステージのDL)
    綿水雲 バナー
  • 新・小高い丘の上公園:
    水風叉十郎さん

« nemoro16 / 優先順位その3 | トップページ | kuu10_116 / 地竜森の魔法の靴 »

2015/09/20

名作家の横顔 / wattan さん

名作家の横顔 / wattan さん

みすてぃっく☆ばる~んの初期を代表する作家 wattan さん。
ステージパックでは1~500 にかけて、コンスタントにステージを発表されました。
その功績は、みすばる界の基礎を作り上げただけでなく、「本編クリア後、投稿作品の世界にのめり込んでいくきっかけとなった完成度の高いステージを数多く作成された (wattan1 の紹介文より)」 と relakkuma さんが仰ったように, 新規プレーヤーをみすばるに引き込む魅力に溢れています。
今からみすばるを始める方には、今でも wattan さんのステージを自信を持っておすすめします!

発表作品一覧

SP 1-100:2作品(wattan 1~2)
SP 101-200:8作品(wattan 3~10)
SP 201-300:4作品(wattan 11~14)
SP 301-400:4作品(wattan 15~18)
SP 401-500:5作品(wattan 19~23)

ステージ傾向

完成度の高い純正パズルステージが多いのが特徴です。
wattan さんが活躍された時期は、数々の特殊技が未発見でしたので、当然そういった技は登場しません。
だからといってステージが物足りないわけではなく、王道的なパズルステージの魅力は色褪せないことを実証しています。

ステージ構成は、時に緻密で、時に雄大。
細かく作りこんでいる方向性のステージと、1つのテーマを思い切り表現したステージに二分されるように思います。
そして作品番号17-21の時期は wattan さんの円熟期といって間違いないでしょう。
緻密さと雄大さを併せ持つような名作が目白押しです。

ところで wattan さんのステージといえば「青」という印象がありましたが、
調べてみたところ、ステージのデザインパターンが意識的に統一化されていることが判明!
一部のデザイン面を除くステージでは、カラーリングが青系統で統一されており(青系のカベ、バリア、バルーン、背景)、
更にカギやアイスブロックのデザインパターンも決まっていました。こういうところにもこだわっていたのですね。

代表作品

wattan5 (氷の床と方向転換), wattan8 (唯一のバルーンが大移動),
wattan9 (顔文字ステージ), wattan17 (複雑な構造を読み解いて),
wattan19 (全体を見据えつつ緻密に)
wattan20 (上級純正パズル), wattan21 (多量のオブジェとカギ、大スケールの傑作)

おまけの一言

私が初めておすすめ度★としてご紹介したステージが wattan さんの作品でした。
みすばるの奥深さを知ることになった、思い出深いステージです。
(水狂)

« nemoro16 / 優先順位その3 | トップページ | kuu10_116 / 地竜森の魔法の靴 »

名作家の横顔」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。